« プチ復活 | メイン | 対談 »

先輩シェフ

今日のランチは、娘のテニスのレッスン見学をサボって

そのレッスン場所からほど近い自由が丘のイタリアンは

29DC033C-652A-448C-9205-3906FDF70936.JPG

『トラットリアジョカトーレ』へ。

で、ここでシェフをしているのがナント!

僕が横浜時代は、まだピッチャーの頃の先輩

水尾嘉孝さんなのであります。

もう、ここに店を構えて3年半と言ってましたから

すでに知る人は知っているので、何を今更だとは思うんですが

でも、知らなかった僕にとっては新鮮でしたし

久しぶりに水尾さんにも会いたかったですしね。

どんな料理を出してくれるのかという

怖いもの見たさ(失礼) もありましたし(笑)

いや、ビックリ!しました。

予想以上の美味しさに。

ほんと、失礼いたしましたm(_ _)m

EC42CB52-906B-4E75-AF09-4957593B9977.JPG

出てくる一品一品に、味がある…?のは当たり前ですが

すごく繊細さを感じました。

そこは、さすが元ピッチャーだなと。

と、僕は評論できる立場ではないのですが

それでも、あの水尾さんが?と思うと

そんなに変わってなかった水尾さんにもびっくりしましたが

それ以上に、料理には本当にびっくりしました。

料理ダメ!お酒もダメ!甘いものはもっとダメ!という人が

今ではイタリアンのシェフ。

いや、すごく努力したと思います。

ハンパない努力を。

僕自身は、料理ダメ!お酒ダメ!甘いものは好きですが

今から飲めない酒まで飲んでシェフになりたいとは思いませんもんね。

例え、野球ができなくなったとしても。

飲めなかったら野球できないと言われても

おそらく飲まないでしょうね、僕は。

ていうか飲めないんですもん。

飲める人には、なかなか理解してもらえませんけど。

水尾さん自身のお酒に対する逸話も知っていますし

飲めない人間の辛さを知っているからこそ

今の水尾さんは、普通に尊敬します。

また、料理に対しても元アスリートならではの考えがあるらしく

味を落とさないように、いかにカロリーを抑えるかという

心配りもしてるみたいですよ。

今日は、ショートがいたということもあって

ゆっくりと落ち着いて食事したり話したりできなかったので

また時間があるときにお邪魔したいと思います。

皆さんも自由が丘くんだりまで来た時には是非!

てか、わざわざ出向いていただくのは大歓迎。

水尾さんならではの気配りと心配りのある料理とトークを

堪能してみて下さい。


契約金は何に使ったんですか?という質問?

全然アリだと思いますよ(笑)


広島と共に。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)