« 惨敗 | メイン | 終戦 »

言うことなし!

昨日の借りをしっかり返した形となった今日のゲームは

昨日とほぼ同じ安打数でも

HRありタイムリーありでの9得点はですから

言うことなしでしょ。

ナイスゲームでした。

ただ、反省点を挙げるとしたら

初回に4点を取った後、尚も無死3塁という場面で

5点目を取れなかったこと。

また、次の回も無死1、2塁という状況で無得点。

今シーズン、こういうケースをよく見ました。

取れる時にしっかり得点を取っておかないがために

いつの間にか、流れが相手に行ってしまい

あれよあれよと逆転をされてしまうというゲームが。

だから、2回に1点を返された時

すご〜く嫌な感じしませんでした?(見てた人に限定で聞きますが)

昨日の悪夢が蘇ってしまうような。

今日のハマスタで行われていたDeNA vs 阪神が、まさにそうでしたね。

初回に4点を先制し、2回に1点を返されるというところまで

神宮のゲームとまるで一緒の展開は

結局、阪神は次の5点目が取れず逆転負け。

逆にカープは、1点を返された後ではありますが

すぐにヨギ(梵)のHRで1点を返した。

あの5点目を取ったというのが、チームにとっては非常に大きかった。

相手に行きかけた流れを引き戻しましたからね。

だから、今日みたいに4点を先制した後の5点目というのは特に

必死に取りに行かないといけない。

それがゲームの主導権を握るという意味でも

非常に大切になってくる1点であるということですから。

重々に分かっていることではあるんですが

これから、カープが常勝の道を歩んで行くとしたら

その辺も、今後の課題の一つと言えるでしょうね。

でも今日のゲームは何と言っても

プロ初HRは先頭打者弾を含む4安打を打った誠也(鈴木)でしょう。

彼が起点となって打線を引っ張ってくれました。

そんな、今日の彼の姿に

今チームに一番ほしいガムシャラさを見たような気がします。

確かにポカも多く、よく怒られはしますけど

それも、これから彼が成長して行く上では必要なこと。

だからと言って、いつまでも今のままじゃダメですけどね。

ただ、今の姿勢や気持ち

そして、今日という日は是非大切にして欲しいですね。


心配なのは、このヒト。

995EBD2E-13F3-4188-A0EE-F0E5253FB495.JPG

アシタ、ガンバリマース。


頑張ってもらいましょう、阪神戦。

明日は、甲子園を真っ赤な秋に染めましょう!

そして、Gの胴上げも阻止です。


広島と共に。


がんばろう!広島。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)