« 力負け | メイン | 奮起せよ! »

それぞれの道

51617725-3753-4202-BAE5-FB6C7B4C0886.JPG


今日は、さやかのテニスを見学。

夕方は6時から9時までのレッスンは、なんと3時間。

全米オープンの錦織圭選手の活躍を見てから

益々、テニス熱が加速した我が家は

もちろん、世間の方々と一緒でWOWWOWにも加入しました。

さやかに関して言えば

週末になると全国各地で行われる

大会や合宿に繰り出す日々を送っているのであります。

しかし、ひと昔前の僕らの世代で錦織と言えば

間違いなく少年隊のニッキこと錦織(にしきおり)一清でしたけどね。

いつの間にか時代は錦織(にしこり)でしたね。

と言う僕に家内が一言。

『悪いけど、それふた昔前だから』

そんな家内は、さやかを錦織圭子と呼びます。

それもどうかなと思いますけど

さやかも、その気になってやってますから。

やっぱり、その気にさせるというのが一番。

夢はデッカくプロテニスプレイヤーですからね。

女錦織圭を目指して今日も練習の日々です。

一方のはる佳は、この夏休み明けから

東京の学校に戻りました。

広島と東京という狭間で、かなり悩んでましたけどね。

約一年半ではありますが、広島の学校にも生活にも

馴染んでたし、好きなテニスも思う存分できる

環境にありましたからね。

彼女なりに悩んだと思いますよ。

F4435329-B287-49B8-9772-3C8C16927803.JPG

テニスのコーチや仲間たちから送別会もしてもらったりしてね。

親としても、感謝の気持ちでいっぱいです。

東京の学校では、ちょっとしたいじめがあったり

彼女自身も、すごく悲しい気持ちを抱えながら

この広島に来たわけですが、そこで新しい学校の先生方やお友達に出会い

そして、テニスの仲間たちと接することによって

人間的に成長できたんじゃないですかね。

それは、近くにいる親が一番感じたこと。

広島という環境も、また彼女を変えてくれたんだと思います。

「もう一度、東京で頑張る」と決断した背景には

そんな彼女自身の心の変化、成長があったのかなと。

だったら、その意志を尊重してあげたいと思います。

まだ、夢がはっきりしてないはる佳ではありますが

さやかと二人が、それなりの意志を持って

それぞれの道を歩み始めました。

その進むべき道に、例え失敗があったにしても

親としては、彼女たちの背中を押していってやりたいと思っている

今日この頃ですが


一番心配なのは

46C47D27-CAA3-45CC-951C-C71793AC6672.JPG

最近、お姉ちゃんたちの影響でテニスに興味を示しているショート。

それこそ、第二の錦織圭を目指させますかね。

間違いなくショットに改名だな。


さあ、明日からまたスイッチオン!

熱く熱く戦って行きましょう。


広島と共に。


がんばろう!広島。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)