« あらがった | メイン | トゥデイなのだ »

粘り勝ち

というより

守り勝ちですね、今日は。

しっかり守ったからこゲームが締まって

チームに粘りが生まれた。

みんながよく守ってくれました。

特に中東とエルドレッドの二人は

打てなくとも、守りだけで3打点分の活躍はしてますから。

これこそを攻撃的な守りと言うんでしょうね。

また、延長11回の二死からの攻撃も見事でした。

あれは赤松の足ね。

実に圧巻でした。

相手が左投手ならば、誰もが戸惑うところを

次打者の初球にスタートを切った勇気に

相手の外野手がチャージ(前進守備)をかけている中での

會澤のライト前で生還してしまう、セカンドからホームへのスピードね。

あれこそをプロの足と言うんです。

攻撃とは、決して打つだけではなく

足が最大の武器になると言うことを改めて感じたし

また、守りがいかに大事かということを再確認できた

今日のゲームじゃなかったかなと思います。

大事にしたいですね。

明後日からは、マツダに帰って阪神戦です。

甲子園の借りを返さないといけません。

そのためにも、明日をいい休養日にしたいですね。

ファンの皆さんも明日はゆっくり休みましょう。

この神宮での3連戦も赤い応援ありがとうございました!


広島と共に。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)