« 雨天中止 | メイン | 今日のゲーム »

快勝です!

今日は、エース・マエケンに対し

左打者をズラリと並べたヤクルト打線と

方やナーブソン相手に右打者を並べたカープ打線との一戦。

よく見れば、1番打者から8番打者までのほとんどが3割を超えているという

ヤクルト打線にヒット数を上回れたものの、与えた得点は1点。

に対し、効率良く得点したカープ打線は7点。

何と言っても、エルドレッドの2発がものを言いましたね。

これぞ4番という働きです。

そういう、楽なゲーム展開にしたのも最初の得点機に

梵・廣瀬というベテランがしっかりと

最低限の仕事(犠牲バント・犠牲フライ)をしているからですからね。

倉さんのタイムリーは、オマケ(失礼)です。

あれ、廣瀬で得点できてなかったら

おそらく、あの回は無得点で終わってますからね。

今までの流れから行くと、そういうものです。

そういう意味でも、あの2回の攻撃はいい攻撃でしたね。

もちろん、倉さんのタイムリーも含めて(笑)

ただ、今日のゲームで残念だったのは

菊池の連続安打(21試合)が途切れてしまったことですかね。

でも、これからいくらでもチャンスはあるでしょうから

その時は、またチャレンジしてもらいたいと思います。

今日も、例えヒットを打たなくてもヒットに値する

貴重なフォアボールは選んでますからね。

あのフォアボールが呼び水になっての、エルドレッドのHRは

ゲームを決定づける3ランとなったわけですから。

昨日も言いましたけど、ヒットを打つことだけが

『最高の結果』ではないということ。

特に、これからの菊池みたいな選手に求められることは

今日みたいなフォアボールを、いかに意識的に取りに行くかということです。

だからって、意識して簡単に取れるものではないですけどね。

でも、大切なのは意識すること。

それだけでも、打席での立ち振る舞いが変わって来ますから。

積極的に打ちに行くのが彼の魅力の一つでもあるんですが

その分、フォアボールが極端に少ない。

だから、打率の割りには出塁率が低いんですよね。

今の打率で、2割3分の梵と出塁率が

それほど変わりませんから。

今日、3割に返り咲いた丸が出塁率となると4割を超えますからね。

2番という規制がかかる役どころで4割というのは

酷な数字なのかも知れないけど、菊池だからこそ求めたいという。

今は、どうしても野球が主観的になっている。

それがいけないとは言いません。

それで、彼の力が発揮できてるわけですから。

ただ、もう少し客観的に野球ができるようになれば

菊池という選手は、相手にとってもチームにとっても

もっともっと大きな存在になるんじゃないかなと思うんですよね。

そういう意味でも、彼の持っている可能性には期待しています。

菊池に限らずですけど

こういう打率と出塁率とかいろんな数字から

その選手の野球スタイル、野球観とかが見えて来て面白いですよ。


さあ、今日は快勝しました。

明日は、娘のさやかが通うテニスクラブは『Tension』の子供たちが

F0298217-1314-48B3-B104-068079D63509.JPG

このカープとのコラボTシャツを着て

センターは丸選手の後方で声援を送りますので

どうか、今日のような快勝をよろしく願いたいものです。


広島と共に。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)