« 地に足つけて | メイン | 連敗! »

痛恨

まさに、痛恨の一球でしたね。

でも、決してバリントンは責めれませんよ。

8回を投げて2安打1失点ですから。

その1失点こそが痛恨だったわけですが。


今日の天気は、試合前から雨模様。

予報が良くない中での室内で練習する選手には

どうしても『中止』が頭をよぎるものです。

これは、誰にも経験があること。

しかも、試合開始が30分遅れた上に

シートノックなしとなると

選手は、なかなかゲームに入っていけないものです。

特に野手は。

それが両軍に出たようなゲーム展開は

定刻通りの2時に試合開始の東京ドームの

ヤクルトVS巨人よりはるかに早い2時間ゲームですからね。

こういうゲームは、得てして一発で決まるとは言いますが

いや、嫌な予感したんですよ。

あの福留クンの打席は。

ワンストライク取った時点では、何とも思わなかったんですが

ワンボール、ツーボールと見送った時の

福留クンの見送り方が、妙にタイミングが合ってたというか。

ホームランだけは・・・と思った瞬間

カーン!だって。

余計なことを考えなければよかった・・

と、反省しております。

しかし、痛い敗戦ですね。

何気に、切り替えが難しい負け方です。

何ででしょう。

後味という問題でしょうね、おそらく。

例えば、あのホームランが初回に出て完封されたならどうでしょう?

それか、サヨナラホームランとか。

そしたら、諦めもつくのでしょうか?

ちょっと、モヤっと感が残りますね。

でも、そこを追求したところで

負けが帰って来るわけではありません。

負けは負けですから。

反省するところは、しっかり反省して

明日のナイターまでに切り替えましょう。


広島と共に。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)