« クリスマスの夜に | メイン | 寒いんですけど »

名球会

さあ、クリスマスも終わり

ここからは一気に年末年始という流れになるんでしょうけど

思えば、去年の我が家の今頃は

引越しでテンヤワンヤでしたからね。

年始も段ボールに囲まれた状態でしたから。

それを考えたら

それはのんびりした年末を過ごさせてもらっております。

そんな僕みたいに

のんびりな年末をお過ごしの方におススメするのが

大晦日の朝はテレ東にて放送予定(広島では放送しませんが)は

『年忘れ!名球会 in ハワイ』(番組名わからないけど)

その恒例のチャリティーゴルフでは

758CB083-C343-4F52-B78B-91FF04A53B55.JPG

こんなメンバーでラウンドしました。

今年から会員に加わったのは

ご存じ、来年からドラゴンズの新監督は

プレイイングマネージャーのシゲ(谷繁・左)から

駒田さん、僕、佐々木さんと

泣く子も黙る(ハマっ子だけかも)‘98年の日本一のメンバー。

懐かしいっしょ。

シゲなんか同期入団で、バッテリーも組んだことがあるんですから。

それこそ、僕が唯一の一勝を挙げた時のキャッチャーですからね。

そんな二人が名球会ともなれば、実に感慨深い。

しかも、これからは監督ですからね。

軽々しく、シゲなんて言えません。


けど、もう一度この時のメンバーで野球してみたいな。

楽しかったですもん、やっぱり。

あの当時の話をすると、みんなよくバラバラだったって言うけど

それは、同年代が集中していたからであって

年齢的にも、みんなとんがっている年頃だから仕方がなかったと思う。

逆にそれがよかったんだと思うし。

みんながチームの勝利にすごく貪欲で

そこに妥協はありませんでしたからね。

チーム全体が自分にも周りにも厳しかった。

怒鳴り合いながらでも戦ってましたからね。

半沢直樹じゃないけど

当時の権藤さん(監督と呼ぶと罰金なので)の口癖は

『やられたらやり返せ!』

その言葉を粋に感じてやってたりもしました。

一方で、権藤政権は『放任主義』とも言われ

よく権藤さんの口からも『やるのは選手だから』と聞かれました。

だから、選手は自分のプレーに対して責任を感じていたし

勝つためにはどうしたらいいかをよく考えてました。

だからこそ、バントをしない権藤さんの作戦に対して

『勝つためには、バントも必要じゃないのか』と

進言したこともあります。

『やるのは選手』だから

良かれと思って、ここ一番でバントを試みたら

『バントなんかするな!』と怒られる。

『だったら、ちゃんとミーティングしましょうよ』

みたいなことも言ったりしました。

それで権藤さんに迷惑をかけてしまうことになるんですが

ほんとうに申し訳ないと思ってます。

ただ、やっぱり勝ちたいという気持ちがあったからです。

今だから言いますけど

僕は、権藤さんに対して決して否定的ではありません。

むしろ人として尊敬できる人です。

特にユニフォームを着ていない私服な権藤さんが好きでした(笑)

ただ、あの当時

ユニフォームを着ている権藤さんに反発してしまったのは確かで

そこは否めません。

ピッチャー陣とは、よくロッカーとかで話していたんですが

こと野手陣となると、ほとんど会話がない。

その辺が、おそらくヤキモチだったんでしょうね。

寂しかったんですよ、僕ら野手は。

『任せてる』が、いつの間にか『放っとかれてる』みたいな感じに

なってたんだと思います。

これも、今だから思えること。

だからこそ、もう一度

あの最強メンバーで戦ってみたいなと。

結局、あの3年間が一番でしたからね。


と、ちょっと話しがタイムスリップしてしまいましたが

肝心のゴルフの方は、やっぱりバラバラでした(笑)

ということで、放送をお楽しみに!


また、カープファンは

やっぱり年末の29日は深夜11時55分〜TSSで放送の

『石井琢朗x前田智徳 2000本安打コンビ!お疲れさまでしたSP』も

も見逃しなく。

いい話満載の、とても楽しい現場でしたが

スタッフの話によると、だいぶバラエティよりに作られてるとか。

まあ、こちらもお楽しみに!


広島と共に。


がんばろう!日本。

17E62510-9F86-4A3B-8302-8E716D7FC920.JPG


ついには、ラミちゃんにも抱っこされまし



「2014キャンプイン直前 TAKUROトークライブ」のお知らせ
日程 1/19(日) 18:00〜20:30
参加費 20,000円(税込み)
会場 グランドプリンスホテル広島
参加定員 200人 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
申込締切 1/15(水)
募集方法 先着順

↓お申し込みはこちら↓
http://p.tl/Z6iD
 
 

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)