« 悔しさ一敗! | メイン | イクメン »

キクチの可能性

今日は、何と言ってもキク(菊池)だな。

先発の今井や中継ぎのピッチャーも、よく投げたし

リードした石原も、よく守ったと思いますが

中でも、キクの二つのスーパープレーに助けられました。

ゲームがゲームだっただけに、実に大きいプレーでした。

今シーズン、キクの今日みたいなスーパープレーには

ピッチャーだけでなしに、ベンチも幾度となく助けられてる。

もちろん、その逆も多々あるんですけどね(苦笑)。

何せ、今や両リーグ合わせてもダントツの失策数を誇りますから。

これには、僕も頭が痛いところではありますが

ただ、その失策数も

裏を返せば、彼の守備機会の多さであり

守備範囲の広さでもあるんですよね。

もちろん、記憶してるだけでも凡ミスは多いですけど。

そこは否めません。

今日みたいなビッグプレーをしたかと思えば、普通に凡ミスもする。

その中間でいいんだけどなぁとも思ったりもしますが

それもまた、キクの「らしさ」でもあるんですよね。

だからと言って、このままでいいとは思ってません。

今の失策数こそが、僕の中では彼の伸びしろだと思ってます。

確実性に欠けるけど、派手さはある。

普通は、逆なんですけどね(苦笑)。

そんな、逆に派手さはないけど堅実な守備というと

僕が思うところは、楽天の藤田一也ですかね。

彼は、キクみたいに決して足が速いわけではないけど

守備の位置取りが非常に上手い。

それに、状況も読める。

12球団見渡してみて、守備の上手さだったら

おそらく、一也が一番じゃないですかね。

少なくとも、今のセカンドではNo.1だと思いますよ。

こと守備範囲の広さだったら、ダントツでキクでしょうけどね。

それは、僕らの想像の域を越えてますから。

動きが、どちらかというとラテン系ですもんね。

そんな今の彼が、一也みたいな上手さを身につけたら

間違いなく、球界を代表するセカンドベースマンでしょうね。

いずれは、ショートストップかも知れませんが。

いずれにしても、走攻守の全てにおいて

野球をもっともっと勉強しないといけません。

そういう意味でも

まだまだ発展途上のキクが持っている可能性はいかに。

注目してみたいですね。


さて、明日の休みは

2013-08-29%2010.00.25~01.jpg

怪獣の子守りだな。


広島と共に。


がんばろう!日本。

ただ、守備範囲の広さから来る守備機会も多いことは確かです。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)