« 悔しいです! | メイン | 東京さんぽ »

快気祝い?

今日は、何と言ってもヨギ(梵)のフォアボールでしたね。

そう、押し出しの。

その前の〇(丸)のフォアボールも大きいんですが

あれは、どちらかと言ったら相手が『痛い!』フォアボール。

その『痛い!』という相手の心理を読んで

ヨギが『選んだ』のでなく、自ら『取りに行った』フォアボールです。

彼の中で、1打席目に1-3からの低めのボールに手を出して

凡退してしまったというのもあった?

のかどうかは定かではありませんが

おそらく、そうだと思いますよ。

ヨギに限らず、一巡目はみんなが低めのボールにやられてましたからね。

そういうところの観察もできてたんだと思います。

だから、あの打席のヨギはあえて打ちに行ってないですもんね。

と言うと、すごく消極的に聞こえますが

逆です。

積極的に、ボールを選びに行ったんです。

『低めは打たない』という意思を持って。

それが『取に行った』フォアボールなんです。

そういうことができるのも

彼の持ってる非凡な野球センス。

これは、前田もよくやることですけどね。

その低めを見られてると思うと、相手投手は

嫌でも、ゾーンを上げて勝負をしざるをえない。

そうなると、チャーリー(廣瀬)の

走者一掃のタイムリーツーベースも必然的ということです。

もちろん、失投を逃さず打ったチャーリーが素晴らしいんですけどね。

ただ、あのヨギの打席に

若い選手が、何を見るかですよね。

チャンスと見れば、がっついて

何でもかんでも飛びついて打ちに行くのが

積極的なバッティングじゃないということ。

しっかりとボールを選んで、フォアボールを取りに行くことも

積極的なバッティングの一つ。

積極的に好球必打も大事ですが

積極的に悪球必見も大事ということ。

そして、これもまた状況判断の一つということです。

と、ちょっと解説っぽくなっちゃいましたけど

あのヨギの打席は見応えあったなと思いましてね。

ついつい。

あの4点は、マエケンにとって

いい快気祝いになったでしょう。

てか、自分の快投で祝ってましたけどね。

ほんと、エースが帰って来たというのは

チームにとって、こんな心強いことはありませんから。

それでも、まだまだ我慢しながらが続きそうですが

とにかく踏ん張って行きたいと思います。

あとは走る方だな。

昨日も言いましたが、選手の失敗は僕の失敗でもあるので

そういう意味でも、このところ悔しい思いばかりしているので

何んとかしたいと思ってます。


ひとまず、今日はナイスゲームでした。


広島と共に。


がんばろう!日本。


 

<お知らせ>

著書「心の伸びしろ」をご好評いただきありがとうございます。
第4版決定しました。

石井琢朗「心の伸びしろ」をお求めの方はこちら


[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)