« 怯むことなく | メイン | シンジラレナ~イ »

勝ちましたけど

今日は、寛(大竹)に尽きる。

マウンドで孤軍奮闘する、あの寛の姿に

他の選手は何を思ったか、ですよね。

少なくとも、守ってた選手は

寛の背中に何かを感じたはずです。

それが、堂林の今世紀一の?超ビッグプレーであり

菊池の好守ですよ。

堂林のプレーは、2打点分の価値がありますからね。

打てない時、点が取れない時は

しっかり守ってやることが、野手の仕事。

と褒めてたところで、しっかり(エラー)やっちゃってましたけどね。

けど、今日のエラーはOK!

て、いつも言ってることと矛盾してる?

確かに。

エラーに、いいエラーも悪いエラーもありませんけど

ただ、いつものエラーと違って気持ちが前に出ていたということ。

積極的なエラーは、OKという意味です。

また、同じエラーでも

最終回に安部が犯したエラーは、気持ち受け身になってしまったエラー。

大事に行こうという気持ちが、アグレッシブな気持ちを消してしまったプレーです。

でも、ゲームに出ていれば誰もが経験すること。

これも、成長する過程において一つの経験です。

「勝つ」ことを、まず第一に考えれば

守備固めという選択肢もある中で

あえて、堂林であり安部でありを交代させないのは

場数を踏ませてやりたいという、ベンチの思惑でもあります。

いつも、今日みたいなしびれる場面で交代させてしまっていては

逃げることを覚えてしまいますから。

そこに、彼らの責任感であったり成長は望めませんからね。

とは、勝てたから言えるものの

気分的には、まさに心中ですよ。

とは言っても、毎回こうはいきませんよ。

代える時は、スパッと代えますから。

しかし、最後はベンチで生きた心地がしませんでした。

まるで、自分がグラウンドに立っているみたいでしたからね。

でも、そういう思いがあるから

彼らが、いいプレーをすれば自分のことのように嬉しいし

ミスをすれば本気で悔しいし、怒りもします。

おそらく、そうやって僕自身も成長して行くんだと思います。


とにかく、今日は寛ですよ。

寛に感謝です。

今日はタケル(今村)にしても、ミコライオにしても

しっかり昨日のリベンジをしましたし

昨日の嫌な負けは、とりあえず払拭できました。

明日ですね。

明日は、先日やられている小杉クンに

野手がリベンジする番です。


傲らず怯まず前向きに。


広島と共に。


がんばろう!日本。


P.S

春と塩(波留敏夫DeNAコーチ)のブログも見てね。

懐かしい、最強コンビが載ってます(笑)

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)