« Doでした? | メイン | 岡山にて »

高松にて

2013-03-19%2021.31.59.jpg

カープの大先輩であり、現・四国アイランドリーグは

香川オリーブガイナーズの監督・西田さんにお誘いいただき

スコアラーの畝さんや緒方コーチと共に

おいしい焼き肉をご馳走になって来ました。

何気ない会話の中からも、『指導者とは何ぞや』という

ヒントが隠されてたりして、こういう食事会も

僕にとっては、また一つの勉強会です。

もちろん、昨日のWBCの話にもなりましたが

今日も朝から、戦犯捜しみたいなことをTVでやってましたけど

あれはいかんよね。

ウッチーの走塁ミスみたいに言われてますけど

あのダブルスチール

もし、フリースチールが出ていたとしたら

一塁ランナーは、誰がいってもああなりますって。

あの時、2塁ランナーの井端クンは

結果、戻ったとはいえ

間違いなく、スチールのスタートを切りましたからね。

あの状況での、二塁ランナーは120%の確率がないと

走ってはいけない場面。

いくら相手のピッチャーのモーションが大きいからと言っても

2点ビハインドのあの場面でのスチールは

かなりの勇気が必要です。

でも、その2塁ランナーのスタートを見て

これまたセカンドでアウトにならないように

スタートを切らないといけないのが1塁ランナー。

自分のタイミングでスタートが切れる2塁ランナーと

その2塁ランナーの動きを見てから

スタートを切らなければいけない1塁ランナー。

この場合、どっちが難しいと言ったら

やっぱり、1塁ランナーの方が難しいんですよ。

別に、ここでウッチーをかばうわけではありません。

一目散に走って行ったのはいただけませんし

でも、あれも途中で気づいて止まったとしても結果は一緒ですからね。

それに、何もサインが出てなくて、あのプレーだったら

ウッチーが責められても仕方ないなとは思いますが

もし、フリースチールが出ていたのであれば

ウッチーが一人で責任を背負うことはない思ったから

ちょっと、言いたくなっただけです。

あれが、普通のスチール(This ball)で

二人ともスタートを切っていたら

また、違う結果が出てたと思いますし。

ただ、あれは理屈抜きで難しいプレー。

見てる側は、結果で好きなこと言えますが

『だったら、オマエやってみい!』と言ったら

ほとんどの人が、迷うと思いますよ。


今回のWBC、負けてしまったのは残念ですけど

僕らに一つ、課題を与えてくれたような気がします。


負けるな!ウッチー。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)