« たまや〜 | メイン | 女子会? »

収穫ドロー

昨日に引き続き、マツダ真夏のデーゲームは

規定により延長10回でドロー。

では、ありましたが

暑さ以上に熱い

いや、実にすんばらしいゲームは

1点を争う攻防戦でした。

特に、福井クンのピッチングは

すんばらしかったですね。

いい意味で期待を裏切ってくれたと言ったら、本人には失礼ですけど

少なくともG打線は、そう思ってたと思いますよ。

『データと違う!』って。

ハトが豆鉄砲食らったような顔してましたもんね。

でも、それくらいよかった。

久し振りの先発で、しかもチームが2連敗して

3タテだけは避けたいという、プレッシャーの中での

あのピッチングですからね。


だからこそ、今日の交代時はベンチを迷わせましたね。

だって、6回までのピッチングからしたら

当然、7回も『行ってくれ』て思うじゃないですか。

ピッチャーは、繊細な生きモノと言いますけど

6回から7回をまたいだ間に、どんな変化があったのか

それは、誰にもわからないものです。

あの権藤さんが、横浜の時に

『ピッチャーは、腹一杯投げさすより

腹八分目くらいで交代させた方が

次にもいい結果を出す』

とは、よく言ってましたけど

その辺の見極めって、難しいですよね。

今日なんて、特に。

痛感させられました。

それでも、福井クンには勝ちをつけてやりたかったですけどね。

でも、今日の彼のピッチングは

今後のチームにとって

大きな収穫だと思いますよ。

この暑い夏場を乗り切るためにも。


次を期待しましょう。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)