« チームだもの | メイン | 自分を休もう »

今日の一球

とても書く気分じゃないけど、書くかぁ。


今日は、また悔いの残る打席でした。

4点ビハインドの最終回、1アウト1塁という場面での代打。

あそこは、ランナーを溜めたい場面でしたからね。

考えようによっては、何気に難しいんですよ。

僕が出塁することで、次のショーゴ(木村)ヨギ(梵)の

どちらかが繋げば、『代打・前田』のお膳立てができるわけですからね。

作戦的には、打つだけしかないんですけど

僕の選択肢の中では、打って出るというより

四球で出るという割合の方が大きかった。

そして、うまく1−3までは行ったんですけどね。

ただ、あまり打席に立ってないと

追い込まれるという怖さもあるんですよ。

初対戦のピッチャーということもありますし。

また、4点差というのが、ちょっと迷わせましたね。

まるで、今のチーム状況を象徴するような。

いい時だったら、打ちに行っても普通に見送れるものも

悪い時は、打ちに行かないと打ちに行けないし

見送ろうと思わないと、見送れなかったりしてね。

だからと言って、今の調子が悪いと思ってないんですが

あそこは、ちょっとした迷いが出ましたね。

ま、ほとんどメンタルの問題ですよ。

結果、中途半端なファール。

見送っていれば、おそらくボール球でしょう。

それでも、次の一球をファールにでもできれば

何んとかできたんでしょうけど

それも、また中途半端なバッティングで

悔いの残る打席にしてしまいました。

とにかく、今日のあの場面は

打ちに行く勇気より、見送る勇気でした。

あそこの一球が、あの打席の全てでしたね。


と、ゲーム内容よりも

今日は自分の解説をしてみました。


しかし、フラれてばかりのコイですな。


早よ、いい相手を見つけて、いいコイをしましょ。


がんばろう!日本。


[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)