« 秋ですね | メイン | ありがとうございました! »

熱い思い

♪ いなせだね 夏を連れて来た女(ひと)

  渚までウワサ走るよ


111007_191446.jpg

   めッ!


いきなり、時期はずれな歌(『め組みのひと』)で登場は

今年ブレイク、〇クンのバットには

なんと、目がついています。


これが、打てる秘訣?

いえいえ、逆なんですよ。

打てないからやるんです。

僕も、昔書いたことがありましてね。

ここまで、目立つ書き方はしませんでしたけど(汗)。

それこそ僕同様、謙虚につぶらな瞳だったですけどね。

そう言えば〇、メンタル講習を受けた次の日からは

腕にでかく+(プラス)とも書いてましたっけ。

常にプラス思考でいるために?

おそらく!

いや、選手というのはね

打てなくなったり、調子が悪くなったりすると

そりゃ、いろいろやるんですって。

毎打席、手袋代えてみたり、バット代えてみたり

ひとのバットを借りたりね。

で、終いには、こうしてバットに目を書いたりする。

まあ、誰しも一度は経験してますよ。

そう考えると、〇もまだまだ若いのぉ。

でも彼自身、今いい経験をしてるでしょう。

年間を通して出続けることで生まれる責任感であったり

その中で、数字を残していく難しさとかね。

まだ、若いから出続けることはできるかも知れないけど

それなりの数字を残したり、ベンチからの信頼がないと

出たくても出れませんからね。


そんなことも含めてですが

今日のゲーム前のミーティングで

『これからを、どう戦っていくべきか』を、町田コーチが熱く語りました。

『開幕してからの12試合と、これからの12試合』を

いかに、同じ気持ちで戦えるかを。

確かに、目標を持って戦っていた時と

目標をどこに定めていいのか分からなくなってしまった今とでは

戦うモチベーションが全然違います。

団子レースを戦っているときは、誰もがCS進出を信じて

CSに出たい一心で戦っていました。

そこに立ちはだかったのが、5割という壁。

たかが1勝すれば、簡単に飛び越えられる壁だと思ってました。

実は、それが大きな壁だったんですね。

何度も何度も飛び越えようとして4度。

結局、一度も越えられませんでした。

そこで力を消耗してしまった僕らは力尽き・・・。

若さや経験のなさ故にと言ってしまえばそれまでなんですが。

だからと言って、ここで終わらせてはいけないんです。

これを、またひとつの経験として生かさないと。

来年、再来年と。

そのための今を、経験しとかないといけないと思うんです。


そして、今だからこその町田コーチの熱い思い。

すごく、ありがたかったです。

大抵、ここまで来ると惰性で終わってしまいがちなんですが

こうやって言ってくれるコーチがいるということは

幸せだとだと思いました。


その思いは、僕は十分に伝わりました。

もちろん、みんなにも伝わったはずです。

だからこその、今日の勝利だったと思います。

残り試合、今の力でどこまで勝っていけるか

頑張っていきましょう。


がんばろう!カープ。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)