« 大阪の陣 | メイン | 大阪の陣 ファイナル »

大阪の陣 その2

今日も、やりました。


大阪の陣、第2ラウンドは

見事の逆転ゲームは、最後までヒヤヒヤドキドキの

凌ぎに凌いだ勝利でした。


そして僕は、一日一膳。

結果、グッジョブ!でしたが

緊張した場面でしたね。

クランコ(倉クン)が、ヒットで繋いでくれたから

精神的には、少し楽だったですけど

いつもは、どちらかと言うと

同じ代打でも、メイクチャンスの方だから

チャンスをメイクされたところへ

「はい、どうぞ!」という代打は、そうとうプレッシャーですね。

しかも今日の場合、僕の結果次第では

大量得点になりうる打席でしたから。

昨日の前田クンのコメントじゃないですけど

そりゃ、必死に当てに行きましたよ。

ここでは、「打ちに」行くんでなしに「当てに」行くところがミソ。


でも今日は、この回よりも次の回の

嶋クンが叩き出した1点が、非常に非常に大きかった。

マジ、デカかったね。

前の回に、もう一押しできるチャンス逃してましたからね。

流れが向こうに行きかけたところを止めた一打は

チームを救った一打です。

あれなかったら、今日はわかりませんでしたからね。


神宮で行われた、横浜ーヤクルトじゃないですけど

9点差のゲームが、終わってみれば10対10のドローという。

このゲームで、何があったかわかりませんが

こっちにあった流れも、勢いのある相手に渡してしまうと

勝てるゲームも、勝てないということでしょうね。

だから、スキを見せるなんていうのはもってのほか。

教訓にしていきたいところです。


しかし、昨日今日と

能見、スタンリッジと立ててきたタイガースに対して2連勝とは。

とても大きい勝ちだと思います。


だからこその明日です。


まだまだ、喜べません。

もちろん、油断もできません。


もう一度、気を引き締めて

それこそ、ムチ打って走るところです。


今夜もまた、静かに明日を待ちたいと思います。


がんばろう!カープ。


がんばろう!日本。

[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)