« 前を向いて | メイン | デカい! »

『微笑がえし』

今日は、先日亡くなられた田中好子さんは

元キャンディーズのスーちゃんの告別式でした。


キャンディーズと言えば、年代的に僕よりもっと上の年代

今50歳くらいのお父さん方が全盛期だったと思うんですが・・。


僕が、キャンディーズを認識したのは

小学1年生とか2年生でしたかね。

きっかけは『8時だョ!全員集合』だと思うんですが。

でも、認識して間もなく解散してしまって・・・。


だからなのかも知れないけど、

幼少期の僕の中に、影響を受けたアイドルグループでした。

同時期後半に活躍していたピンクレディーもいましたが

やっぱり、キャンディーズ派でしたね。

3人の中では、僕はミキちゃんが好きでした。

曲も、もちろん沢山知ってますけど

中でも『アン・ドゥ・トロワ』という曲が、すごく印象に残ってる。

歌の中に

〜ひとは誰でも一度だけ 全てを燃やす夜が来る〜

て、歌詞があるんですが

この歌詞が、幼い僕にはすごい強烈だった。


今聴けば、なんてこたぁない

普通に理解できるんですけど。


ただ当時はね。

丁度おじいちゃんが入院してて、

その病院で、その曲を聴いてたからだと思うんですが

「全てを燃やす」を「命を燃やす」=「死」と、解釈してたんですよね。

だからって、おじいちゃんの命には何の問題もなかったんですが

その曲を聴いて、すごい悲しみに襲われたのを覚えてます。

それと、「アン・ドゥ・トロワ」という聞き慣れないフレーズと

イメロディーにもンパクトがあったんでしょうね。


それも、今考えれば

「1・2・3 ダー!」て感じですか。


そんな『アン・ドゥ・トロワ』を含めた全シングル曲の歌詞を

詰め込んでできたキャンディーズの総決算とも言える曲。

それが『微笑がえし』なんですが

いや、名曲ですね。


これを聴いた時、やっぱり寂しくなりましたね。

「お別れ」という言葉に。


解散コンサートでは、映像でしか見てないですが

それこそ、沢山のファンの方たちが涙したでしょう。

その気持ちは、幼い僕にもわかりましたから。


あれから30年以上の年月が経ち

今回のスーちゃんの訃報は、とても残念です。


ですが、


今度は、僕たちが『微笑がえし』で送り出してあげましょう。


と、野球のない日に

特にファンクラブに入っていたというわけではありませんが

夜な夜な、キャンディーズを語ってしましましたが・・・。


明日からのタイガース戦は

それこそ、開幕戦の『倍がえし』をしてですね

もう一度きっかけを、勢いをつけましょう。


そして、被災地に東北に沢山の元気と笑顔を!

いずれ『微笑がえし』いただけるように。


頑張りましょう!


[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)