« 宣誓! | メイン | 笑顔が一番 »

これから・・そして子供たちへ

ついに、セ・リーグの開幕の日が決まりましたね。


パ・リーグと共に4月12日開幕。

これで12球団の足並みがそろいました。


二転三転と、いろいろありましたね。

やっと・・という感じではありますが

けど、これで『よかった』ではありません。


ある意味、ここからが本当のスタートではないかと思います。


『なぜ、開幕を延期したのか』という意味をもう一度考えて

真摯になって取り組むことが、僕らの責任であり義務だと思います。


そして、これから12日の開幕に向けて僕らにできること。

野球人としての調整も、もちろん大切ですが

一社会人、また一人の人間として

被災地の復興にに向けての支援活動は

積極的にしていかなくてはいけないと思っています。


そこで

以前、このブログでも紹介したチャイルドファンドジャパンが

今回の東北地方太平洋沖地震により

被災された方々に緊急支援を行いはじめました。


17日にチャイルドファンドジャパンの

事務局長は小林さんとスタッフ2名が

地震、津波、原発の被害を受けている南相馬市にいる

チャイルドのスポンサーのところまで

車いっぱいに食料や生活物資を運びました。


http://www.childfund.or.jp/?p=1964

http://www.childfund.or.jp/?p=1979


今朝も3tトラックに1tの乾燥米、0.5tの缶詰やカップ麺などの

レトルト食品を運ぶために

現地の方から依頼された生活物資を積み

緊急物資集積所となっている宮城県の警察学校に向けて

チャイルドファンドジャパンのスタッフの方々が出発しました。


今後も、依頼が来ている被災地区(名取市、盛岡市、等)に

緊急物資を配給するようです。


そして、その依頼された物資を調達するために

救援物資を現地に運ぶための資金として、緊急募金をはじめました。

チャイルドファンドジャパンでは

被災地の方々が、今どういうものが必要か

今どういうものが足りないかを聞き

必要とされるものを直接現地に運んでいます。


また、今後は被災した子供たちの心のケアに関する

情報も発信していくそうです。



日本中が大きな悲しみに包まれる中

「がんばれ、日本!」を合言葉に

甲子園でひたむきにプレーする高校球児が

大きな希望となりつつあります。


この大きな困難を乗り越え

被災した子供たちにたくさんの笑顔が戻ることを願います。


そして、この子供たちがいずれ大きくなった時

人に夢と勇気を与えてくれるようになってくれれば・・・

そう思います。


http://www.childfund.or.jp/?p=2023


この支援活動には、元巨人軍の篠塚さんも働きかけていて

ブログでも、チャイルドファンドジャパンの取り組みが

紹介されているので、是非!


皆さんの支援も待っています。







[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)