« 最終クール | メイン | 書く? »

鈴川卓也という男

本日、無事にキャンプを打ち上げました。


明日から、ソフトバンクとのオープン戦のため

みんな福岡は博多に向かいましたが・・


ボク?


置いて行かれました。

あと2日間、日南に居残りです。


だから、気持ち的には まだ打ち上げていないような・・・


でも一応、打ち上げなんで

焼肉『百野』で軽く打ち上げして来ました。

110225_181914.jpg

スズ(鈴川・左手前)の送別を兼ねて。

(右手前から)マエケン、カン(大竹)、倉さんと。

スズがこのキャンプをもって、チームを離れることになったのは

皆さんも御承知の通り。

彼自身も、その思いはブログに綴っていましたけど

綴りきれんかったと思いますよ。

だから、あの短い文の中にはスズの気持ちが

思いがグッと凝縮されている。

そんな気がします。


ただ、自ら退団を決めたにせよ、何となく志半ばというか・・。

いや、彼自身まだまだやりたかったこと

やり残したこと、沢山あると思うんですよ。

気がかりな選手もいるだろうに。

そういう意味では、ここにいるカンなんてそうでしょうけどね。

一緒に、メシ食ってても心配そうでしたもん。

マエケンにしてもしかり。

そんな心配を払拭するにも、活躍するのが一番なんですけどね。


僕も2年ちょっとですが、ほんとお世話になりました。

40近い選手が、新しいチームに入って何が心配かと言ったら

やっぱり、体のコンディショニングのことなんですよ。

技術的なものは、今までやって来たもので何とかカバーできる。

ただ、コンディショ二ングという部分での準備でありケアというのは

すごく神経を使うところ。

もちろん、自分でやるべきところは自分でやるんですが

自分で手の届かないところは、どうしても手伝ってもらわないと。

若い選手が多かったりすると、結構ベテランって

「自分でできるだろう」と、放っておかれたりするんだけど

そうじゃない。

ベテランだからこそ、サポートしてもらわないとできなかったりするんです。

そういうところを、しっかりサポートしてくれた。

もちろん、そこには同じコンディショニングの根本クンであったり

トレーナーの皆さんの協力があってだからこそなんですけどね。


スズには、トレーニングのことはもちろん

チームのこと、選手のこと、いろいろ相談もしたし

僕にとっては、少なくとも精神的支柱的存在でした。


そんなスズから、

「辞めることになりました」と、打ち明けられたのは

昨年のシーズンも終わろうとしていた頃。

何とかチームに残る方法はないものかと

説得もしたんですけどね・・・。


残念だな。


こんな愛されてるトレーニングコーチって他ないでしょ。

それは、彼のブログのコメントが物語ってるもの。

選手以上ですよ。

ちなみに、うちの家内もスズブロのファンですからね。


スズも「辞める」というのが、前提にあったから

今年の自主トレは、遠い伊豆にも来てくれました。

僕にも、そういう思いがあったからこその

110209_114438.jpg

『カフェめぐり』だったりして。

チャーリーもね。

最後に、いい思い出が作れました。


別に、辞めるからといって永遠に会えなくなるわけではないんですが。

ただ、今日も朝から一緒にストレッチとコンディショニングをしてまして

そのスズのいない空間に、当分慣れないんだろうなと。


とりあえず、日南であと2日間は一緒だけど

実際、辞めるとなると

気の利いた言葉が出てこないんだよね。


言いたいこと、いっぱいあるのに。


090418_004920.jpg

僕がカープに入団した2009年4月。(左は根本クン)


あれから、約3年・・。


110225_181743.jpg

互いに成長できたことに感謝です。


[ PR ]
[ PR ]




カテゴリー






授業体験生随時募集(無料)